2016.12.27 Tuesday

2016年ありがとうございました




ちょっと早いですが、年の瀬ということで、一足早く年末のご挨拶をば。

2016年はハナアリで始まり、まさかのサンホラの漫画を担当させていただいたり、我ながらチャレンジ精神あふれる一年になったなと思います。
これも支えてくださる皆様のおかげです。ありがとうございます。
2017年はさらに色々な面にチャレンジしてみようと、目下準備中ではありますが、計画しております。
その際にはちらっと見てやっていただけると幸いです。


感謝といえば、「シンデレ少女と孤独な死神」でストーリー・構成を担当されていた新木場ユキ(火村正紀)先生の最期の作品となるエッセイ漫画「入院ノート」の電子書籍版の販売が開始しました。
私自身まだ感情が整理できていないのが正直なところですが、新木場先生から頂いたものを糧にこれからも精進して参る所存です。ウッス。

2016.12.10 Saturday

Nein2巻とN高企画に関して

「涙では消せない焔」収録のNein2巻の発売日決定&限定版の予約が始まりました。
発売は6月26日とまだ先ですが、予約は始まっておりますので、どうぞよろしくお願いします。
限定版にはアクリルスタンドや特別冊子が付きますよ。
また発売が近くなったら改めてお知らせします。


そして本日発売の電撃文庫MAGAZIN Vol.53の【電撃文庫 妄想N高校】に豊玉月海、明日香姉妹を入学させていただきました。読者さんの妄想を実現?な企画イラストです。
こちらからも同一の内容を見ることができます。


共々、どうぞよろしくお願いします。(`・ω・´)


2016.09.11 Sunday

ブログデザイン新しくしました。



ブログのデザインを新しくしました。
それに伴い過去の絵のログを追加しました。右の『画像保管庫』に収納してあります。

最近はお仕事関連ではひたすら水面下作業な日々です。

お仕事以外で最近している事といえば、忙しい時期に積んでいた本をひたすら消化したり、山口、広島、島根、鳥取に旅行に行ったり、シン・ゴジラ観たり、戦車のプラモ作ったり(ガルパンの影響)、友人の赤ん坊愛でたり、ひたすらポケモン集めたり、小夜の極実装延期にそわそわしたり、シン・ゴジラ観たり(二回目)してます。

2016.08.04 Thursday

涙では消せない焔・後編掲載です。



本日発売のヤングエース9月号にてSound Horizonさん原作のコミカライズシリーズ『Nein 〜9th Story〜』の「涙では消せない焔・後編」を掲載しております。よろしくおねがいします!

そんな訳で後編が掲載されました。
演出の上でラストにちょっとしたしかけ(?)をしているので、紙媒体で読むことをお勧めします。(電子版だと表現できない演出なので)
担当さんと「気づいてくれるのだろうか?」的な話をしていましたが、CDを分解することがデフォルトなローランの皆様なら気づいてくれると信じてます。

あ。あぶり出し系ではないので火刑はやめてください。





そこに物語はあるのかしら?






2016.07.21 Thursday

明治ハナアリ同盟コミックス発売しました

ブログでのお伝えが遅くなってしまって申し訳ないですが、先日12日に無事「明治ハナアリ同盟」のコミックスが発売となりました。どうぞよろしくおねがいします。

初の原作も自分な連載ものという事で、それに伴う楽しさも、難しさも両方味わいました。
書き下ろしのコメントにも書きましたが、描いている最中はキャラクターに手を引っ張られるといいますか、そんな感覚がありました。君たち眩しいな!描いてて楽しかったよ!!


完結記念にキャラのちょっとした裏話的な事でも書きましょうかね。

◆常盤晴彦
名前は「ハレとケ」という日本的な価値観からつけました。いわゆる「晴れ着」とか「晴れの舞台」とかの非日常を表す「ハレ」。初期の構想では日常を壊す存在感が今より強かったので。
彗星や天候の晴という意味も含められるので我ながらしっくりくる名前だなと。
構想段階で性格が二転三転しましたが、(それこそ生徒たちの敵役くらいに悪人ぽくなった時期も有)最終的にあの様な形になりました。
作中には出せませんでしたが、異母兄弟の兄がいます。


◆榊原朱音(妹)・紫暮(姉)
ハナアリの連載開始前に出た予告イラストというものがあるのですが、実はそこに描かれた晴彦と朱音はともかく、紫暮のキャラデザが現在のものと違い朱音と同じくらいの幼い顔つきだったりします。
というのも、まだその時は朱音と紫暮は同じ学年(&片方が養子に出されたため別苗字)設定だったからです。
さらに言えば当時は『晴彦は姉妹のどちらを選ぶのか』的な流れも考えていたためあんな構図にもなっています。
実は初期構想では紫暮がメインヒロインだった時期もあるのですが、(現在の紫暮とは性格がちょっと違うのもありますが)話がなんだかじめじめしがちになってしまい、自分の中で「なんか違うな」感が出てしまったので、現在の形に落着きました。


◆鶴舞雪乃
実は一話限りの出番の予定だったのに連載開始前に話を練ってる間にどんどん動き回ってくれた子。
姉妹に影響力が強い最初に寿退学するキャラとして作りました。
苗字が鶴舞なのは当初の設定では親が名古屋在住だったため名古屋の地名をつけとこという安易な理由。あの近辺の公園やらの名前では「つるま」ですが本作では名前と合わせてしっくりくる「つるまい」にしてます。

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
管理人:加藤よし江
漫画とかイラストを描いてます。



つぶやき
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
Recommend
Recommend
刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジーコミック〜刀剣男士幕間劇〜 (Gファンタジーコミックス)
刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジーコミック〜刀剣男士幕間劇〜 (Gファンタジーコミックス) (JUGEMレビュー »)
原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より (DMMゲームズ/Nitroplus)
参加させていただきました
Recommend
魔探偵×ホームズ (電撃文庫)
魔探偵×ホームズ (電撃文庫) (JUGEMレビュー »)
多宇部貞人
イラスト担当させていただきました
Recommend
ラグナロク・トライアル ―新・封神裁判― (電撃文庫)
ラグナロク・トライアル ―新・封神裁判― (電撃文庫) (JUGEMレビュー »)
多宇部 貞人
イラスト担当させていただきました
Recommend
封神裁判 (電撃文庫)
封神裁判 (電撃文庫) (JUGEMレビュー »)
多宇部貞人
イラストを担当させていただきました。
Recommend
Recommend
シンデレ少女と孤独な死神(1) (ガンガンコミックスONLINE)
シンデレ少女と孤独な死神(1) (ガンガンコミックスONLINE) (JUGEMレビュー »)
新木場 ユキ,加藤 よし江
ラブコメミステリー1巻
Recommend
Recommend
男子高校生の日常アンソロジー (ガンガンコミックスONLINE)
男子高校生の日常アンソロジー (ガンガンコミックスONLINE) (JUGEMレビュー »)
スクウェア・エニックス編
参加させていただきました
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM